薄毛を予防する生活習慣

男性型脱毛症のAGAが、約8割もが遺伝によるものだといわれています。
遺伝というと、何の対策のできないようにあきらめてしまうかもしれません。
しかし、遺伝が含まれるとしても、後天的な要素も大きいのがAGAの困ったところです。
逆に考えれば、後天的な要素に積極的に対策すれば、薄毛や脱毛を効率よく防ぐことができそうです。

 

 

特に現代人は生活習慣の乱れやストレスなど、薄毛になる要素に取り囲まれています。
若くしてAGAになってしまう男性も多く、後天的な要素をないがしろにしていたために薄毛の進行を早めてしまうこともままあるのです。
育毛剤や頭皮マッサージも効果的ですが、同時に忘れてはならないのが生活習慣を見直すことです。

 

 

例えば、栄養バランスのしっかりとれた食事を規則正しくとっていますか?
また、良質な睡眠を十分にとっていますか?
これらを整えるだけでも、薄毛の進行は食い止めることができます。
過剰な飲酒や喫煙も、血行不良を招いたり栄養不足になってしまう可能性があります。
なるべく控えるようにして、薄毛の予防対策を心がけましょう。
ストレスを感じないようにするのは難しいかもしれませんが、ストレスを溜め込まないようにこまめに発散することは可能です。
軽い運動をする習慣をつけたり、好きな趣味に打ち込む時間を適度に作ると効果があります。

 

 

生活態度が整ったら、頭皮の血行を促進するようなマッサージを行いましょう。
育毛に効果のある薬剤などを使うのも、おすすめです。