薄毛の仕組みと原因:ストレス

薄毛の悩みというと男性のものと思われがちですが、意外にも若い女性で悩んでいる人は多いのです。本来、髪の太さもこしも充分にあるはずの20代から30代にその悩みが多いのは、もっともストレスに晒される年齢だからかもしれません。女性ならそのくらいの年齢はちょうど結婚、出産を経験する人が多い頃。

 

 

新しい環境になじめなかったり、慣れない育児と家事に忙殺され、一息つく暇も無いくらい疲れ切っている。そんな頃です。よく子供を産むと髪が薄くなると言いますが、実際ホルモンの関係や疲労から薄毛になる人が多いのです。

 

 

独身の女性にしてもそのくらいになると仕事で責任ある立場に立たれている方が多いはず。仕事の忙しさとプレッシャーなどを知らず知らずに溜めこんで、気がついたら髪が薄くなっていたなどということになるのです。これを防ぐにはストレスを解消することが一番ですが、思ってもすぐに出来るものでもありません。

 

 

取りあえず簡単にできることとして、育毛に効果があるサプリメントをとったり、毎日少しでも体を動かす時間を作りましょう。別にジョギングやウォーキングをしろと言っているわけではありません。一日のほんの僅かな時間、柔軟体操をするとか、朝起きたらラジオ体操をするとかそういうことで良いのです。血行が良くなれば頭皮も健康になり、強いては毛髪も健康になるというわけです。

 

 

頭皮マッサージも同じように血行を良くし、しかも気持ちが良いのでリラックス出来ます。ほんの少しの小さなことでストレス解消は出来ます。上手に解消方を生活に取り入れ、元気な髪を心がけましょう。