薄毛の仕組みと原因:遺伝

薄毛の原因は、基本的に遺伝にあります。様々な対策をすることで、薄毛になる速度を遅くすることはできますが、薄毛にならないようにすることは無理です。逆に薄毛になることを早めてしまうこともありますので、誤った対策をしたりしないようにしましょう。

 

 

帽子やヘルメットなどを長時間被ることは、頭皮の呼吸を妨げ、禿げ易くなりますから、なるべく行わない方がいいです。遺伝の仕方ですが、最も似る可能性が高いのは、母方の祖父となります。よって、父親が若くして禿げていたから自分も禿げると考えるのは間違いです。

 

 

また、父方の祖父が若くして禿げていたとしても、母方の祖父が禿げなかったのであれば、問題ないことが多いです。父方の家系全般に、禿げる人が多い家系であったとしても、母方の家系に禿げた人がいなければ、全く禿げないことが期待されます。若い時から、髪質が誰と近いかを観察すると良いでしょう。通常通り、母方の祖父と同じようであれば、母方の祖父と同じようになると考えられるからです。

 

 

ただし、必ずしも母方の祖父と同じということではなく、他の人に似る場合もありますので、注意が必要です。また、母方の祖父と似た髪質で、母方の祖父が全く禿げていなかったら、必ず禿げないということではありません。食生活が悪かったり、頭皮の状態を良く保っていなければ、祖父と同じようにはならないかも知れないからです。

 

 

禿げるのは、遺伝によるものもありますが、後天的な要員である、その後の環境も大切です。なるべく環境が良くなるように気をつけましょう。