AGAって何?

AGAとは「Andro Genetic Alopecia」の略称で、男性型脱毛症、または男性ホルモン型脱毛症のことです。成人男性に多くみられ、発症すると頭髪が薄くなっていきます。早い人では思春期以降、遅い人でも35歳前後という比較的若い時期から症状の進行が始まり、額の生え際が後退したり、頭頂部の髪が少なくなったり、といった薄毛状態に陥ります。

 

 

AGAの原因には、字義通り主に男性ホルモンの影響が考えられます。男性ホルモンのひとつ、テストステロン(TS)はひげなどの体毛を構成するたんぱく質の成長を促す働きを持っていますが、このTSが、毛乳頭や皮脂腺に存在する還元酵素5αリダクターゼによって、活性型男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されると、DHTはひげや体毛を濃くする一方、頭髪に対しては、毛乳頭の受容体と結合し、毛母細胞の活動を低下させます。DHTは毛根を萎縮させる力がTSの10〜100倍あるとされ、DHTの作用を受けると髪の毛はきちんと育ちきる前に抜けてしまい、生えかわるたびにだんだん細くなり、薄毛状態に陥ります。

 

 

つまり、AGAの原因は、5αリダクターゼによるDHT増加にある、と言えます。増加の原因は、TSの分泌量が20代をピークに減少するので、体がより強力な男性ホルモンDHTを求めて5αリダクターゼが多く生成されるため、あるいは、遺伝的に5αリダクターゼを多く生成し、その働きも活発な体質であるため、と考えられています。

 

 

AGAの治療では、5αリダクターゼの働きを抑制することが最も効果的であるとされ、有効成分フィナステリドが多くの医療機関で使われています。