AGAの症状

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。

 

 

髪の毛1本1本には寿命があって、伸びては抜け、また新しく生えることを繰り返しています。これはヘアサイクルと呼ばれています。しかしAGAの人は髪の毛の成長期が短くなるため、髪の毛が十分に成長せずミニチュア化しています。
AGAの原因は主に『男性ホルモン』によるものと『遺伝』によるものですが、男性ホルモンは女性にも存在するので、男性だけでなく女性も十分なる可能性があります。

 

 

ただし、男性と女性では症状が異なります。男性の脱毛の症状としては、抜け毛・薄毛がゆっくり進行していき、典型的なものでМ字型とO字型に分けることができます。

 

 

М字型はこめかみ上の辺りから少しずつ生え際が後退していき、額が広くなり、全体的な形がローマ字のМのように見えます。О字型は頭頂部を中心に円を描くように禿げていき、形がローマ字のОのように見えます。
これらは、どちらか一方だったり両方ともいっぺんに発症したりさまざまなパターンがあります。

 

 

女性の脱毛は、男性のように抜け落ちることはあまりありませんが、髪のボリュームがなくなったり、地肌が透けて見えてしまったり、頭部全体の髪の量が少なくなることが特徴です。
その他にも、AGAの症状として、抜け毛が多かったり、毛が細くなった、毛が伸びない、髪の毛がセットしづらくなった、地肌が脂っぽいなども挙げられます。