薄毛対策にはミノキシジルが有効

AGAとは、男性型脱毛症のことです。
これの原因は、遺伝的要因が大きいとされています。

 

 

頭皮や髪に何も悪いことをしていないのに、なぜか髪が細く弱くなっていき、どんどん薄くなっていくのです。
進行性のもので、放っておくとどんどん薄毛がひどくなっていってしまいます。
早い人は20代前半で地肌が見えるほど薄い人もでてきます。
ある程度年をとっていたらまだしも、20代で薄毛というのは本人も周りもとても気になってしまいますね。

 

 

ではどうすればこのAGAを直すことができるのかということですが、AGAの原因として、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンという物質があげられます。
これが多く分泌される人ほど男性らしい身体をしていますが、毛髪は薄くなるといった特徴があります。

 

 

ジヒドロテストステロンの分泌量が多いという体質が、遺伝的要因と言われているのです。
ということは、AGA対策としてはジヒドロテストステロンを少なくすれば良いということになりますね。

 

 

このホルモンの生成を抑える働きがあるのが、プロペシアという薬です。
病院で処方してもらい、医師の指導の下で服用する必要があります。
というのも、プロペシアには副作用があるからです。
ジヒドロテストステロンの生成を抑えて脱毛を食い止める働きがあるのですが、これは男性ホルモンですから、生成されなくなると性機能障害などが出てくるのです。

 

 

しかし、プロペシアの服用をやめればそういった障害は元に戻ります。
とても効果のある薬ですから、悩んでいるならぜひ病院に相談してみましょう。