薄毛の進行タイプと予防

男性型脱毛症のAGAでは、脱毛の仕方に特徴があります。
他の脱毛症と見分けるには、脱毛の進行具合をチェックすれば簡単です。
AGAによる脱毛の進行は、3つの種類に分けられます。

 

 

前頭部からと頭頂部から、そしてM字型に進行するタイプです。
一番よく見られるのが、前頭部から段々と薄毛が進行してくるパターンです。
この場合、薄毛の範囲が広がってくると、頭頂部に達します。

 

 

前頭部には毛が残っているのに、なぜか頭頂部から薄毛が進行してくるタイプは、二番目に多いといわれています。
つむじの付近から薄毛になっていき、円形に広がるのが特徴です。
前髪の真ん中だけを残して前頭部から薄毛になっていくのが、M字型タイプです。
脱毛がどんどん進行しても、前頭部の中央だけには毛髪が残る人も少なくありません。
仮に遺伝性の薄毛や脱毛になっている場合、親と同じタイプの薄毛が進行する傾向があります。
親に薄毛の傾向が見られる場合は、自分にも遺伝する可能性を考えて早めの対策を心がけましょう。

 

 

遺伝以外の薄毛の原因には、男性ホルモンの影響やストレス、生活習慣の乱れなどがあります。
遺伝以外の薄毛は、自分の心がけによって大きく予防や対策を行うことができます。
薄毛や脱毛に悩んだら、一度生活の仕方を振り返ってみるようにしましょう。
ライフスタイルを改善するだけでも、薄毛への悪影響は減らすことが可能です。
どんな育毛剤を使っても効果がないという場合は、合わせて生活習慣の改善をしていくことが必要です。